IT資格取得~受験料の節約~

ITに関する資格についてのブログ

アジャイル立ち上げプロジェクトが無くならない謎〜一体何を立ち上げているのか?〜

今の仕事で、ちょっと縁があり”アジャイル導入”のお手伝いすることになった。

ん?アジャイル

個人的にはもう、そろそろ死語になるのかなと思ったいたが、アジャイル教の布教の需要はまだまだあるみたいだ。(アジャイル教を知りたい人は以下参照)

間違いだらけのソフトウェア・アーキテクチャ―非機能要件の開発と評価 (Software Design plus)

仕事だし、お金をもわらないと生活できないので、それっぽい布教活動はするが、8割方無駄に終わるので、気乗りしない仕事。いまだに『アジャイルを導入すれば、いまのグダグダの開発がどうにかなる』といった先入観、過度の期待を持っている人が多いのは何故なのか・・・

 

自論であるが、アジャイル導入の成功に必要な要件は、シンプルに

  • T型人材が何人もいること

であると考えている。

<T型人材とは?(意訳版)>

何かしら一つの領域において”専門性”がある。専門外の分野でも壁を作らずに、前向きなコミュニケーションができる。プロジェクトや日々の業務において、足らないスキルや知識を素早く察知し、自主的に補うモチベーションがある。

アジャイル導入が上手くいかない理由(勝手な見解)> 

日本の総合職では、

  • 壁を作り、殻に閉じこもるのが好きで、
  • 勉強するモチベーションもなければ
  • 専門性もなく、
  • ちょっとできる人をヨイショするか、邪魔するしかできない

って感じの人が多いので、どんなにいいフレームワークを入れようが、講師を招こうが、無駄。鉄から金は作れないと同じで、そもそも適した人材がいなければ、導入検討すら無駄。

コミュニケーション能力(笑)だけでは、専門性があるとは言えないので、T型人材に該当しないので要注意。マネジメント能力(笑)もまた然り。

 

ちょっといい会社入って、話題の中抜きしかしてこなかった人に対して、アジャイル教に改心させ、成功した事例があるんだったら是非教えて頂きたい。人格を変えるレベルの劇薬的なことが必要なはず!!!!

少し脱線するが、中抜き自体は100%悪いことではないので、少しだけフォロー。プロジェクトの規模が大きくなればなるほど、失敗したときの損失が大きくなる。途中で頓挫したり、挙げ句の果てに訴訟合戦になったりしたら、目も当てられない。

そんな時に心強いのが”大企業の資本力”。 

数億円の規模の赤字を誤差と考え、顧客との関係性を重視して、赤字を被ってくれたりする。友情対応してくれるのも、日々の中抜きの賜物と思えば、少し納得したり。そんな感じで恩恵を受けている人は少数派だけど。。。ちなみに、友情対応で助けられたことはちょこちょこあるので、中抜きに対しては少しだけ肯定的です。

T型人材が多い会社は、そもそも、”アジャイル導入”なんて大々的なことは不要で、自然にアジャイルチックな仕事ができている。

  • ルールや規則に縛られず、本質的に必要なことに注力する。
  • 不要なルールは活発な議論で、”必要なルール”に変える。
  • 否定をしない。思いやりがあり、傾聴スキルも高い。
  • 顧客に価値がないと思ったらスコープ変更。前提に囚われない。etcetc

上記ができていれば、ほぼアジャイルみたいなもの。むしろ、体系立った方式を導入することがマイナスの要因になる可能性すらある。

本来、上記のような質の高いチームが

ウォーターフォールってイマイチだよね。

もっと効率的なやり方があるはず!

って流れで始めるのが”アジャイル開発”。

ウォーターフォールでうまくいっていないからアジャイルやろう。

は根本的に間違っている。”ITパスポートに受からないから応用情報処理を受けよう”って言っているのと同じレベル。背伸びし過ぎ。

アジャイル導入を失敗させないために>

お金をかけてフレームワークやツールを導入する前に、組織としてアジャイル導入できる程のスキルがあるかを確認した上で、具体的な施策検討に着手すべき。

具体的にやるべきことは以下4点。

  1. アジャイルに適したT型人材が何人いるのか
  2. アジャイル導入目的を達成できるほどのT型人材はいるのか
  3. T型人材が不足している場合、社内で教育できる環境はあるのか
  4. 社内の人材育成に時間を要する場合、外部から人を採用or調達すべきか

T型人材が集まらないんだっら、”アジャイルではない別の方法”で課題を解決すべき。例えば、

『内製化は諦めて、最低限の社員だけ残し、あとは単価が高いベンダーに丸投げ』

とか

『作るのがめんどくさいからパッケージに業務を合わせて、そもそもの開発を止める』

とかである。極端な例ではあるが、費用対効果を真剣に分析すると、結構いい数字が出たりするので、馬鹿にならず。

 

今回もダラダラ書いてしまったが、”アジャイルの成功の秘訣”はシンプルに

  • T型人材がいるか否か(2回目)

以上!!!

 

情報処理安全確保支援士の更新までの道のり〜素晴らしき無駄〜

昨年末に情報処理あんぜん確保支援士(登録セキスペ/旧セキュリティスペシャリスト)の講習を受け、更新手続きが終わったと思っていたら、IPAから更新のお知らせが・・・

ーーー

◎本メールは、2020年5月27日時点で登録されている2017年4月1日、
 および2017年10月1日登録の情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)で、
 登録更新申請が確認できていない方々を対象にお送りしています。

ーーー

フィッシングなのではないかと疑いつつ、よーく読んでみると、更新手続きが終わってないことが判明!!!

無駄に大変な登録手続きをさせられて、大して意味のない研修を受けさせられ、まだ手続きがいるのか。。。しかも簡易書留で書類を送る必要有り。これは何の資格なんですかねぇ〜

本来ペーパレスを推進すべき組織がこの有様。脱ハンコの道のりはまだまだ長い。紙が一番セキュリティレベルが高いってことっすか??

 

せっかくなので、登録から更新までの流れを振り返ってみることに。

<登録編>

結構前に情報セキュリティスペシャリストに合格。気がついたら、名称が変わる。せっかくなので士業?ということで登録してみることに。紙の申請地獄にやられる。登録費用もそこそこ高い。めんどくさい。 心がおれかかる。(´∀`)

<研修編>

最初の2年間はe-learning。2年連続同じような内容をやらされる。役に立った記憶はない。1日で終わるレベル。5000円ぐらいだったら許せるが、それなりに高いので不満がたまる。ただ年一なのでそんな気持ちは気がついたら薄れる。

最後の1年は集合研修(1日だけ。土日に行けるのが救い)。グループワークはそこそこ楽しい。初めて”よかったな”と思えた瞬間であった。が、10万円消費しているので当たり前。逆に、トータルで20万近く投資をして、”いいな”と思えたのはこの一回だけ割りに合わないことに気が付く。

<更新手続き編>

研修も終わり、やることないと思ったら、IPAからのメール。

  • 誓約書
  • 登録証
  • その他書類

を8/1までに”書類”で提出しなさいとのこと。簡易書留はタダじゃないんだよ。久々にアホかって思った。せかっく3年間研修を受けて、更新しないはもったいないので、精神ポイントを消費しつつ、提出完了。残りのMP3。

ざっとこんな流れ。

情報処理安全確保支援士として3年間過ごしたが、仕事で”資格を持っていて役に立ったこと”は ”0” である。”0”である。”0”である。

  • この資格を持っていることが必須の仕事に出会ったことはないし、
  • 資格持ってるからって、優遇されたこともないし、
  • 研修を通じて、仕事にタイムリーに生かせる知識が身についたわけてもない。

試験に向けての勉強、試験の内容は非常にいいものだと思っている。ベースは身につくし、業務にもそれなりに生かすことができる。

私が批判しているのは、”資格維持に関する制度”である。登録費、e-learningの為に支払ったお金が、有効活用されていないのが悔しい。もしかしたら。どこかで日本の役に立っているのかもしれないが、その可能性は天文学的な低さと思われ。どうーせ、テレワークで何もやることがないおっさんたちの肥やしになっているだけだろう。( ´ ▽ ` )

民間企業がこんなことやってたら、大問題ですよ。バッシングの嵐。下手すれば、詐欺?的な感じで思われてもおかしくない。

言い出したらキリがないので、いったんこの辺で。(´Д` )(´・ω・`)

サイバーセキュリティ入門 (日経ムック)

サイバーセキュリティ入門 (日経ムック)

  • 発売日: 2020/03/23
  • メディア: ムック
 

 

はてなブログをHTTPS化してみた結果〜掲載順位への影響〜

はてなブログの設定を見ていたら『HTTPS配信』っていう項目を見つけた。ボタン一つでブログをHTTPS化できるとのこと。一回設定すると元には戻せない。

よくよく考えたらこのご時世HTTPのままの方がおかしいかと。。

善は急げ!早速設定することに。URLが変わるので、"google analytics"や"search console"への影響が気になったので調べてみたら、出るわ出るわ ”HTTPS化虎の巻” 。

情報掲載してくれている人ありがとう。お陰様で難なく設定は完了。

設定方法は巷に溢れているので、割愛。少し情報が少ない

  • 実際HTTPS化したらどうなったの???

を紹介しようと思う。

google analytics編>

設定をミスったのか知らないが、ほぼ初期化。過去のデータも参照不可。たまーに興味本位で覗く程度なので個人的には影響はなし。もし、重要な過去データとかある人は慎重に。必要に応じてデータをエクスポートした方が安全。

<search console編>

単純にHTTPSのプロパティが追加するだけ。当然のように、設定したては何も情報はなし。新規作成の状態。1週間ぐらいして、ちょこちょこHTTPS側のアカウントに情報が反映され始める。

  • HTTP側のアカウントのアクセス数や表示回数が減り、掲載順位も下がり、
  • 逆に、HTTPS側のアカウントの数字がどんどん良くなっていった。

しかし、3週間経っても旧プロパティに一部の検索ワードのデータが反映され続けているので、真剣にSEO対策やっている人にはかなりのノイズになると思われる。

<掲載順位への影響編>

googleが”HTTPSサイトを優遇している”と名言しているため、あちこちに”ブログ、ホームページのHTTPS化は必須”的な紹介があるが、その効果を具体的に記載している記事は少ない。

そもそもSEOというかアフリエイト関連の情報は、

それっぽいことを書いてアクセス数を稼ぐ or 詐欺まがいの情報商材を売る

が目的になっているので、どっかの優秀な人が書いたの記事をパクってるか、ほぼほぼ嘘の情報を流すかのどちらかのケースが大半。な気がしている・・・(´・Д・)」

 

このブログにおいて”実際どうなったか”というと、

  • 掲載順位に変化は見られなかった。≒ 検索順位は下がらなかった。

が3週間経過した時点での結論であった。この結果が、このブログ特有なものなのか、一般的なものなのかは不明。検索順位なんてgoogle様のさじ加減一つで変わるので、、、

もしかしたら、HTTPS化したら劇的に順位が上がった人もいるかもしれないが、一つの事実としては、上記の通りである。

 

最後に、、、、

検索に関するアルゴリズムとか公開されていないのに関わらず、

  • 絶対XXXすべし
  • ●●の設定は必須
  • ▲▲をするのは避けるべき

とかを堂々と紹介するのはどうかと。。無料の情報ならいいとは思うが、お金をとって教えるのは個人的には”真っ当な商売とは言えないのでは?”と思ったり。もちろん、違法でなければ問題はない。モラルの問題。マスクやアルコールを転売する人と同じかな。。

人生で一回も、アフリエイトで稼いでる人に会ったことがないので、早く会ってみたいものだ。(´・Д・)」(・Д・)

 

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル(特典PDF付き)

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル(特典PDF付き)