読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT資格取得~受験料の節約~

ITに関する資格についてのブログ

【コラム】転職者用の適正検査(SPI/GATB/WEBテスティングサービス/玉手箱)の攻略&よく出るランキング ~その②~

前回の続き。

転職者用の適正検査よく出るランキング~

★第一位★WEBテスティングサービス

の詳細は以下↓↓

itskill.hatenablog.com

 今回は二位以下であるテストを紹介する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

★第二位★玉手箱

★第三位★テストセンター

★第四位★GATB(厚生労働省編 一般職業適性検査)

★番外編★クレペリン

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆◆第二位 玉手箱◆◆

個人的には一番対策することに意味があるテストだと思っている。WEBテスティングサービスはある程度高校、大学受験の知識で乗り切れたりするが、玉手箱は試験の問題形式に慣れておかないと、頭が相当よくないと乗り切れない。

特に非言語の分野。表/グラフの読み取りは確実に『慣れ』が必要。問題の形式にパターン化されているんで、問題集を買って練習すべし!!

転職者用の問題集は以下がある。

3日で完成! 転職者のためのSPI&玉手箱対策

上記だと問題数が限られるので、がっつり対策したい人は新卒用の以下がおススメ!!新卒/転職者用でテストはほとんど違いはないらしい。

必勝・就職試験! 【玉手箱・C-GAB対策用】8割が落とされる「Webテスト」完全突破法【1】【2018年度版】

 

◆◆第四位 テストセンター◆◆

家で試験するのではなく、複数あるテスト会場で受けるパターンがテストセンター。イメージ的には証券外務員やOracleの試験を受けるような感じ。

基本的にはWEBテスティングサービスに似ている。問題はそこまで難しくないが、時間が短いあたりも同じ。ただし、非言語の場合電卓が使用できず、自力でやる必要がある。

テストセンターとWEBテスティングサービスは出題内容に違いがある。テストセンターを受けることがわかったら『テストセンター用の問題』を対策すべき。エージェント曰くこれも新卒用の問題で十分対策できるとのこと。

これが本当のSPI3テストセンターだ! 【2018年度版】

 

◆◆第四位 GATB(厚生労働省編 一般職業適性検査)◆◆

自分自身は受けたことがないが、エージェント曰く採用している企業は結構ある?みたいだ。中身をみてみると、「ひたすら点を打つ、展開図からどの図形になるかを当てる、同じ絵を探す」 などなどthe適性検査っといった内容であった。軽くググってみたが、あまり参考書は出回っていないようだ。唯一見つけたのが以下↓↓(本ではないが、模擬試験を販売しているサイトもあった。少し高かったが・・・)

本屋で立ち読みしてみたが、結局これも時間との戦いになることが想定され『事前にどんな問題がでるか知っているかどうか』で点数が大幅に変わると思われる。解説にも『時間内に全て解くのは基本無理/できるだけ多くの問題を解く必要がある』と書かれていた。ちなみに厚生労働省が運営しているだけあり、職業訓練学校の入校試験にも使われているみたい。

就職試験によく出る 適性・適職問題 2019年度 (高橋の就職シリーズ)

◆◆番外編 クレペリン◆◆

これまた自分が受けたことがない試験であるが、エージェントの話を聞いてとても印象的な試験だったので掲載する。クレペリンを採用試験で使用しいている会社は少ないみたい・・ただ、会社によっては昇進試験、人事考査に採用していることがあるとのこと。

試験はひたすら、一桁の足し算をして、その一桁目を記入する試験。例えば『6+7』の場合、解答用紙には3を記入することになる。

問題用紙はネットに出回っているので、興味があったので一度やってみた。感想としては一言『苦行』・・・・

ひたすら、計算してその結果を記入するのでまず腕が疲れる・・・学生ならまだしも社会人がひたすら30分文字を書き続ける機会なんでほとんどない。鉛筆つかって書くことに慣れてないとびっくりするぐらい解けない。。

何に意味があるのかは知らないが、攻略法はググればいっぱい出てくるので、一読してから試験に臨めばよいかなと。。

本試験で心が折れたくない方は、1回は鉛筆・シャーペンつかってどの程度苦行なのか把握しておくべし!!!!!!

 

新版 転職者向けSPIのすべて一SPI3-G・SPI3-U・テストセンター・CAB・GAB

新版 転職者向けSPIのすべて一SPI3-G・SPI3-U・テストセンター・CAB・GAB

 

 

【コラム】転職者用の適正検査(SPI/GATB/WEBテスティングサービス/玉手箱)の攻略&よく出るランキング

転職したいのだが、適正検査/WEBテストをどう攻略したか?と最近聞かれた。

転職は5年前だったので、今とは違うかも・・・と思い、ちょうど知り合いのエージェントに合う機会があったので、聞いてみたので、その内容を紹介する。

業種/業界によって全く異なるみたいなので、あくまで参考までに・・

<転職で受ける適正検査ランキング>

★第一位★WEBテスティングサービス

リクルート社が提供しているサービス。(SPIの一部?)言語/非言語/性格診断の3部構成。メールに送られてくるURLから判断できる。(その辺はヤマほどネットに乗っているので、調べれば出てくる。)

模擬試験/問題は無料もネット上に提供されているので、比較的対策がしやすい。対策したとしても、だらだら見ているだけでは全く意味がない。短期間にどのくらい解けるかが重要みたいで、実際に時間を計測して解いてみると全然解けなかったりする。

満点取らないと落ちる・・との情報があったりするが、取れる人いるのか?と思ってしまうぐらい、満点取るのはきつい。。自分の頭の回転が悪いだけなのかもしれないが・・・ってなわけで、時間との勝負であるため、本番でパニックにならないようにするためにも対策が必要!!

転職者用の『WEBテスティングサービス用の問題集』はどうやら売っていないようなので、新卒用で勉強するのが良いかと思われる。

ここで注意!!

転職者用のSPI問題集をやればよい。と紹介されていたりするが、そんなことはない。言語/非言語ともにWEBテスティングサービスにどの様な問題が出るかを確認した上で、WEBテスティングサービスにでる問題だけを練習しないと意味がない!!

以下の問題集を使うのが良いらしい。エージェントの話によると、新卒用と中途用でたたいした差がなく、類似問題も出ることがあるみたい。

確定情報ではないが、企業によって難易度が違うようだ。そのため、問題集をやったから大丈夫と油断していると、予想外に難しくパニックになる可能性があるみたい・・・

問題の形式になれることを目的に問題集をやるのが良いかと思われる。

【WEBテスティングサービス・CUBIC・TAP・TAL・ESP・CASEC対策用】「Webテスト」完全突破法【3】【2018年度版】

主要3方式<テストセンター・ペーパー・WEBテスティング>対応】これが本当のSPI3だ! 【2019年度版】

 

★第二位★玉手箱

★第三位★テストセンター

★第四位★GATB(厚生労働省編 一般職業適性検査)

★番外編★クレペリン

 

おもったより、WEBテスティングサービスが長くなってしまったので、第二位以降は次回紹介させていただく。

【テストセンター・SPI3‐G対応】転職者用SPI3 攻略問題集【改訂版】

【テストセンター・SPI3‐G対応】転職者用SPI3 攻略問題集【改訂版】

 

 

【コラム】資産運用を考える~FP2級って役に立つのか?~その②

前回の続き。。

<今年の目標>

 ①、生命保険に入る(貯蓄/控除が目的)

 ②、個人年金に入る(貯蓄/控除が目的)

 ③、株を始める。(NISAを使う)

 ④、海外の債券を買ってみる。(為替動向による)

①、②は以下参照。

今日は③について少し書いてみる。 そもそも口座を作るのが結構大変だったりする。初心者の自分はまずそこで脱落しそうになった。気持ちを抑え、何とか口座を作る。価格.com経由だと、証券会社によっては数千円程度のキャッシュバックあったり、現金がもらえたりとお得な場合があるので要チェック。

価格.com - 取扱商品[価格.com 限定特典(価格.com)]で証券会社(ネット証券)を比較 - 証券会社比較

やっと口座を作ったら、今度はNISAの手続き。住民票?除票?取得代行?めんどくさいキーワードがたくさんでてくる。結局、証券口座の開設からNISA口座の開設までは、1~2ケ月ぐらいは時間を要するため、急ぎでNISAを始めたい人は注意が必要。

晴れて、NISA口座ができたら、いよいよ株取引の開始。証券外務員の試験に出てきた「成り行き/指値ETF」とかの単語に触れられるわけである。

なんの株を買おうか。。つい1週間前は、トランプ政権の金融緩和の影響で、銀行を中心に金融株が上がるといわれていたが、、、結局政策はおじゃんになり下がる一方。週刊文〇に騙されて、銀行株を買うところでああった。。

じゃあどうしたいか。そもそも株をやる目的が短期売買ではなく、中長期保有して配当で多少なりとも得したいということである。

ってあると、安定していた、配当がそれなりに出るところがターゲット。便利な世の中「配当 利回り ランキング」ってググれが一発。

配当利回り(高い順) 株式ランキング(株価・銘柄) | 東証1部の全業種 - みんなの株式 (みんかぶ)

東証一部でも配当7%超えるものちらほら。東京オリンピックらへんで一回売りたいなと。。その後下がったら買い戻す感じのプランを検討中。ってなると正直、今はどの株かってもよくね?と思ったり。NISA口座なら、手数料も無料だし「金融/製造/試験/食品/化学/米国株」をまんべんなくかって、多少利益がでたら売っちゃう作戦を実行する予定。正直NISAなんて120万円が上限であり、こんなんトヨタの株を200株かったらおしまいである。

買う候補としては、

 トヨタキヤノン三菱UFJ三井住友銀行日本アジアグループ北陸電力 etc

上記な感じ。

 

最新版!  税金がタダになる、おトクな「NISA」活用入門

最新版! 税金がタダになる、おトクな「NISA」活用入門

 

 

やってみたらこんなにおトク!  税制優遇のおいしいいただき方

やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方