IT資格取得~受験料の節約~

ITに関する資格についてのブログ

『住宅ローン・団信・各種保険』を全て理解して契約している人マジで0人説

YouTubeにアップされている水曜日のダウンタウンを見すぎて感化されてしまった。。

先日、仕事の提案のアイデア出しを目的に『人の一生でもっとIT化できる領域はないか』ってお題で、いろんな人と議論した。やるからには全力をということで、ある人は自分の人生を振り返り、ある人は理想の人生を妄想し、ある人はひたすら笑いを求めてプレゼンしていた。

個人的に面白かったのが『一生に出会う保険の数と種類』に関するプレゼン。肝心のIT化の提案部分は正直イケてなくボツだったが、生まれた時/入学した時/結婚した時などシーンごとに出合う保険を説明してくれた部分は非常によかった。

特に『家を買うとき』のシーンは『へ~~』って思うことがたくさんあったので、せっかくかくなので紹介する。

住宅ローン 借り方・返し方 得なのはどっち?

まずは『団信(団体信用生命保険)』。団信という言葉を知っている人は多くないかもだが『住宅ローン組んでも死んだらチャラになる』ってことを知っている人は多い。

ただ、この団信一つでも奥が深い・・・ローンを組む銀行によっては+αをたくさんつけられる。

<団信の種類>

  1. ガンになったらチャラ
  2. ガン+三大疾病になったらチャラ
  3. 一定期間入院/在宅医療していたらチャラ
  4. 要介護認定されたらチャラ
  5. チャラにならくとも、指定の状態になったらその期間は免除

などなど、十人十色というか十行十色。

支払方法も金利上乗せ型が主流だが、個別に保険料が払えるタイプなど、自分に合ったものを選択するのが難しい。

一番シンプルなのは『自分は絶対病気にならない』との信念のもと保険は最低限に留め、一番金利が安い銀行でローンを組むことである。

将来に不安がある、不安を煽る人が多いから、これほどの種類の保険が売られている訳で、結局『不安だから、後々後悔するには嫌だから、保険で元を取ろう』などなど思いを巡らせ結局加入してしまうのが、人間の性。

個人的には保険に入ることには肯定的である。

(そもそも数千円の保険料をケチらないと返済がきつい、余裕がない人はローンを組むべきではないと思ってはいるが。。)

保険の加入を考えている人は、不安を感じているから検討しているのであり、その不安が月数千円の負担で取り除けるのだったら、安いものだと考えているからだ。

将来のガンに対して不安を持っている人が、月数千円の保険料をケチって『ガンになったらローンの支払いが大変だから大好きな肉は控えよう、大好きなお酒・たばこをやめよう』って感じでいろいろ抑制してつまらない人生過ごすぐらいだったら、数千円払って『ガンになったらチャラになるし、多少不摂生であっても自分のやりたいことをやろう』って感じに人生を謳歌した方が豊かな気がする。

ただ、ガン以外の病気になったらどうしよう、就業不能になったらどうしようと別の不安が出てくるのもまた然り。

当然カバーできるリスクの範囲が広くなるほど、保険料は上がる。

正直個人が気が済むものに入ればいいと思うのだが、団信に限っていい判断基準があるってことをプレゼンの中で知った。それは、、

 ・同じ保障を他の保険で賄う場合いくら必要か。

例えば、『要介護2』に認定されると住宅ローンがチャラになる団信があったとする。

30歳後半で30年ローン(5000万円)を組み、折り返しの5X歳の時に『要介護2』状態になってしまった。その団信に入っていればちょーざっくり『2500万円』はチャラになる。それを、民間の医療保険、就業不能保険、介護保険で『2500万円』を補填しようとするといくらの保険料が必要か。

を判断基準にするということ。もちろん損益分岐点はローン残高に依存するので、100%決められないのだが、少なくとも支払う保険料の妥当性判断には使えそうである。ただし、、、、

精度の高い判断をするためには、公的保険が適用される範囲、一般的な医療保険/就業不能保険/介護保険の保障の範囲・保険料を知っておく必要があり、結局のところ結構大変。

そこで題名

『住宅ローン・団信・各種保険』を全て理解して契約している人マジで0人説

 

ほんとは火災保険とかも書きたかったのだが、ちょっと長くなってしまったので次回に・・

 

家を買うときに「お金で損したくない人」が読む本

家を買うときに「お金で損したくない人」が読む本

 

 

電脳会議の申込の勧め~無料より安いものはなし!!~

IT系の仕事をしていると必ず一回は『技術評論社』の本を読むことになるはず。

資格試験に限らず、OSSやプログラミングの解説、学術的な少し難しい本まで一般の人からするとニッチな領域になるかもしれないが、この手の業界の人からすると守備範囲は広めで、少し知識をつけたいときに非常に役に立つ。

高度情報技術者試験の時にかなりお世話になった、ポケットシリーズも『技術評論社』出版の本である。ポケットシリーズに出会えていなかったら、確実に受かっていないので、『技術評論社』様様である。

<お世話になったポケットシリーズ>

要点早わかり 情報処理安全確保支援士 ポケット攻略本 (情報処理技術者試験)

要点早わかり ネットワークスペシャリスト ポケット攻略本 (情報処理技術者試験)

技術評論社』が運営している電脳会議はご存じだろうか??

だいたい1ヵ月半に一回、刊行されている『無料』の読み物である。Webから登録するだけで、自宅に郵送してくれる。新聞をスマホで読めないアナログな自分にとっては非常にありがたいサービスである。ポストを取るときに、広告以外に封筒が入っていると『何かな?』ってウキウキするのもなんかいい(´・ω・`)

以下のURLから登録できるので、興味のある方は是非!!

gihyo.jp

この読み物のいいところは、トレンド/流行りに合った本を紹介してくれることである。少し長めの踏み込んだ解説をしてくれるので、それを読むだけでも勉強になる。IT系の話がメインではあるが、ウンチクが増えるので、仕事のちょっとした会話とかで役に立ったりもする。

個人的に一番気に入っているのは、いちいち本屋に探しに行かなくても、良さげの本に出会えることである。長めの解説のおかげで、買って後悔することもない。

直近は以下の本に出合うことができた。

エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング

プロジェクトマネージャーの立場で、技術的な課題だけではなく、

  • 上司部下、下請け孫請け、モチベ―ジョン、炎上プロジェクト etcetc

たくさんのいろんな人と仕事をしているからこそぶつかる課題』に困っている人に進めたい本である。著者の日本語能力が非常に高く、びっくりするぐらい読みやすく、頭に入ってくる。ちょこちょこ過去の偉人や、寓話なども交えて論じてくれているので、読んで理解したことを、直ぐに他の人に伝えたくなる不思議な感覚になる。

この本は二周したら、がっつりこのブログで感想を書く予定。

エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング

エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング

 

★★とりあえず、このブログ読んだら電脳会議に登録★★

 

『転職エージェントを使って後悔したことベスト1』と『エージェントを使わないことの勧め』

エージェント使って転職したことある?って仕事仲間に昼飯食べている時に聞かれた。転職は複数回しているが、エージェントを使ったのは初めの1回だけ。しかも、結局エージェント経由では転職しなかったってオチつきである。

それ以降エージェントを使っていないのは、使ったエージェントサービスで後悔しかなく軽くトラウマになったからである。

今の仕事の関係上、よくエージェントに会うのだが、いい人もいっぱいる。ただ、初めて使ったエージェントがイマイチすぎて、個人的には二度と使いたくない。

■後悔ベスト1:勝手にいろんな企業に応募しまくる。

まあ、エージェントのビジネスモデル上しょうがないと思っているが、、

自分の許可なし』に応募されて困った困った。しかも上っ面の経歴しかみてないから応募職種もテキトー。面接の練習が目的とかいっていたが、大して行きたくない企業のやりたくない職種の面接したところで、学生の就活じゃあるまいし、志望動機もろくに言えないのでただ落ちるだけ。多少社会勉強にはなるが、、、、(一番ひどかったのが、プロジェクト名に『マーケティング』って入ってただけで、マーケティングの職種に応募されたこと。そもそもIT屋さんなのですが・・・( ゚Д゚) )

転職に向いている人 転職してはいけない人

!!!!一番困ったのは数年後!!!!

数年経って『あの会社いいな!!!』って思って応募したら、『応募履歴があります』って断られた。始めは????状態だったが、5分後ぐらいに『あっ』てなった。エージェントに問い合わせたら『勝手に応募して書類選考落ちてそれを報告してなかった』っていう想定どおりのオチだった。

↓↓↓ちなみにぱっと思いつく後悔ベスト2は以下↓↓↓

■後悔ベスト2:面接対策がネットで調べられるレベル。

面接対策という名の、過去に聞かれたこととかを教えてくれたが、内容が薄くてネットに出てるレベルであった。模擬面接とかしてくれるが、大して社会人経験がない人にしてもらったところで、イライラしかしなかった。電車賃と時間を返してもらいたいといまでも思っている。( ゚Д゚)

本気の転職パーフェクトガイド―トップコンサルタントが教える

 

■転職のエージェントレスの勧め

転職を複数回して思ったことが、

  • 転職したいなら、ちゃんと行きたい企業/職種を見つけて自分で応募する

ってのが一番かなと。真剣に面接で話したいことを考えるし、採用してくれる企業からしても、エージェントにバカ高い報酬を払わなくて済むのでWin-Winになれるはず。

エージェント経由でないと応募できない案件がある/非公開の求人』の場合は使わざるを得ないと思ってしまうが、そんな時は以下の方法があるとのこと。(これは自分ではやったことはない。)

  1. エージェントに会う。
  2. 気になる企業の求人があるか聞く。
  3. 情報を聞き出せたらテキトーに理由をつけて転職をやめたことにする。(職務経歴書を渡さないのがポイント)
  4. 気になる企業に自分からコンタクトを取って、面接のこぎつける。

業界タブーなやり方にも見えるが、採用側からするとコストが抑えられるのでメリットは大きいと思ってしまう。

これは実体験であるが、ビズリーチやリクナビなどの求人サイトの『企業からくるスカウトメール経由』での応募が非常に良かった。初回の面談で細かめに会社や業務内容のことを説明してくれて、かつ、経歴とのマッチング具合もフランクにディスカッションできるケースが多かったからである。スカウトメールを送る企業は、もちろん求人サイトに課金しているだろうが、エージェントに払う報酬と比較すると微々たるもののはずで、充実した対応ができる背景なのかもしれない。

#結局スカウトメール経由でも転職はしなかったのだが、、、ただ前向きな理由である。できること、やりたいことをディスカッションして互いに『あ、違いますね』って結論になったからである。

 

だらだら書いたら、いつも通り結論が見えなくなったので、一旦ここまで、、、転職ネタは結構たまっているので、時間ができたらまた書こうかなと(´・ω・`)