IT資格取得~受験料の節約~

ITに関する資格についてのブログ

【速報】管理業務主任者の壁は厚かった~1ヵ月半の挑戦~次は2018/12~

10月中旬の情報処理試験は惨敗。3年ぶり3度目のネットワークスペシャリストへの挑戦は失敗に終わった。毎年何かしらの資格取得をしているのだが、とうとう今年でそれが途切れてしまいそうである。。(最悪、情報処理安全確保支援士をカウントすればいいのだが、、、)

以前紹介したことをきっかけに『管理業務主任者』の受験申し込みはしていたので、記録のためにも惰性で受けるのではなく、少し気合入れて取り組むことにした。 

<勉強開始時のレベル>

宅建の勉強は一回もしたことない。

・不動産の知識はマンション見学、賃貸契約した際に知り得たものだけ

<勉強期間>

・10月中旬からの1ヵ月半

<勉強方法

・ひたすらU-CAN管理業務主任者 一問一答セレクト1000 2017年度を読み込む。

<試験結果>

・自己採点ではあるが「30/50」ということで不合格。。。の予定・・・

 (惜しそうにも見えるがまぐれがあってこの結果なので、全然惜しくない(;´Д`))

<感想>

短い期間で勉強した割には善戦はできた、、、と自分で自分を褒めるしかない( ゚Д゚)

良かった点は、U-CANの一問一答を3周ぐらいすればそれなりに戦える知識が付くことを自身で証明できたこと。

ただ、試験問題を解いていて、一問一答だけやるのでは限界があるということも感じた。似たような問題が複数出ていたのは間違いないが、初見の問題も多かった。規約変更時のルール等の『基本的なところ』が○×問題だけでは十分に抑えることができないので、少し問題をひねられるとお手上げになる。やはり、基本に立ち返って『重要事項はうる覚えではなくしっかり暗記』すべきである。そこはテキスト、過去問を併用して『丸暗記ではなく理解して暗記』を心がけ、実務でも使えるように知識を習得すべきである。

年に1回で次回は2018年12月である。半年後だったらもう1回挑戦しても良いのだが、1年後はモチベーションが続かない・・・

何より最近の一番の恐怖は『簿記』にもっかい触れないといけないことである。まさかまさかで、直近の仕事で会計の知識が必要となってしまった。。簿記2級が3年前に投げ出したのだが、再度向き合わなければならない(;´Д`)

しかも調べてみたら、3年前と試験範囲が変わってるじゃん・・・テキスト、過去問の買い直し(;´Д`) 簿記2級取得への道は険しい限りである。

 

<ちょっと耳より・・>

管理業務主任の試験会場に行く際に、TAC?のスタッフが『予想問題』的なものを配っていた。1問ぐらいそれっぽいのが出たので、得した気分になれたりするかも。。 

管理業務主任者 一問一答セレクト1000 2017年度

管理業務主任者 一問一答セレクト1000 2017年度

 

 

AWS Technical Essentialsの評価&感想~14万円は・・・~

AWSは触ったことがあるものの、よくわからずにポチポチしていただけなので、基礎から基礎からじっくり学ぼうと研修を受けることにした。受講したのは、

AWS Technical Essentials1とAWS Technical Essentials2」である。

Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus)

二日間の研修で、合わせて14万円もする・・・普通の人が気軽に受けられる値段ではない。

受けるかどうか迷っている人のためにも、評価/感想を書いていく。

★★総評★★

自分のお金で受講しないのであれば受けても損はない。(逆に自費で受けることを考えている人はやめた方が良い。もったいない。。)

★★良い点★★

AWSとは何ぞや。何ができるのか。代表的なサービスは何か等々の基礎をしっかり抑えられる。演習でAWSを結構触れる。自分でサイトを構築できたりするので、実務をイメージしながら学ぶことができる。

★★悪い点★★

2日分のボリュームがないため、無駄な休憩時間とかが多い。正直、1日あれば終わる量。(研修二日いって、会社二日さぼりたい人にとっては良いかもしれない)

★★補足★★

AWSをまったく触ったことがない人にとってはおススメの研修。少しでもAWSを触ったことがある人にとっては絶対に物足りない内容でもある。そういう人は上位の研修を受講すべき。

★★感想★★

研修の中でもAWSのサービスの進化のスピードを実感することができたのが一番の収穫。日々進化しているので研修の資料が追い付いていないことに非常に驚いた。「〇〇のサービスが先週リリースされたんで名称が変わっています」/「〇〇のリリースでボタンの配置が変わっています」等々、来年の今頃は使った研修資料が全く使い物にならなそうである。

こんなスピード感でamazonは動いているのに、担当する仕事はたいした機能を作らないのにリリースは半年以上先・・自分のやっている仕事とのレベルの違いを見せつけられ憂鬱な気分にもなれるのがこの研修のいいところではないか。。

「高い、まずい、遅い」ものしか作れない自分を恥じながら今日もコードを書く・・

 

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版

 

 

AWS一強とクラウドサービスの冗長化~AWS 認定ソリューションアーキテクト取得を考える~

今やIT関連の仕事をしていてAWSに関わらないことの方が難しい。クラウドといえばAWS。別のベンダーを使うにしても比較は必ずやらされる。

正直AWSは便利。多種多様なサービスがあるのはもちろんのこと、DR(ディザスタリカバリ)、BCP(事業継続計画)の観点も非常に優れている。クリックするだけで、別のロケーションにシステムを構築することができる。

BCP〈事業継続計画〉入門 (日経文庫)

実際にバックアップサイトをアメリカに一から構築するとしたらどのくらい大変なことか。。データセンター選定だけでもかなりの労力/コストがかかるであろう・・・

お客さんにAWSを提案するにあたり最近悩みがある。特にそのお客さんのシステムの規模が大きければ大きいほどその悩みが大きくなる。

  • AWSに新規構築or移転したとする。AWSのサービスが停止した場合の対策は考えなくてもよいのか。。

もちろんAWSにはサービスレベルが具体的に定義されており、止まらないような仕組み/サービスも数多く提供されている。ただ、AWSを運営しているのはamazonであり、一企業である。タカタや神戸製鋼の様な事態にamazonが陥る可能性も0ではない。戦争などの誰も抗うことができないような不可抗力によって、サービスが利用できなくなるかもしれない。AWSが使えなくなったら、あきらめるとの方針であったら、amazonと心中すればよいが、公共/社会インフラ的な要素がある場合はそういう訳にもいかない。

その対策の一つとして「クラウドサービスの冗長化」が考えられるが、AWSのサービスが良すぎるのか???他のクラウドサービスが悪すぎて、AWS以外も使う気になれないケースが多々あるのが困りもの。端的に表現すると

「高い、遅い、まずい」

である。他のクラウドサービスをバックアップとして使うぐらいだったら、AWSと心中してもいいんでない?って思っちゃうほどである。

このままAWS一強が進んでしまうと、amazonの一挙手一投足に振り回され、amazonの言いなりになってしまうのではないかと危惧している。もちろんamazonの現経営者は人間的に素晴らしい人でそんな事にならないと思うが、経営者が変わったらどうであろうか。。。。

是非日本発のクラウドサービスを使いたいと思っているのだが、生きているうちに実現できるであろうか( ゚Д゚)

とりあえず今はAWS使わないといけないので、今年中には「AWS 認定ソリューションアーキテクト」を取得予定。1月までにアソシエイト、3月までにプロフェッショナルを取りたい・・

合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト

合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト

合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト