IT資格取得~受験料の節約~

ITに関する資格についてのブログ

エンジニアのためのマネジメントキャリアパス~日米の圧倒的な考え方の違い・・・~

現場仕事から離れてしまい、技術的なスキルは衰える一方。今ソースコードレビューをしたら、レビューにはならず、てにをはしか指摘できない迷惑な奴になると思う。そんな仕事も、CheckStyleFindBugsに奪われ、もはや、技術者/エンジニアと名乗る資格はなくなったのではないかと、、、

・お金の管理、人の管理、育成/コーチン

などなど、「the」管理部門業務に追われる日々。

お金の管理に関しては、心の底から簿記二級の勉強をしといてよかったと思っている。システム、ITの資産が右肩上がりに増えるこのご時世『会計的にどう処理するかは』経営の観点で非常に重要。資産とするか、費用とするか。。。費用にしたいから、無理やり、ごりごりのSI案件をパッケージ売りにさせたりなどの悪知恵が働く( ゚Д゚)

技術者視点でいうと、至極どうでもいい。本質的ではない。でも、そんな仕事の方が価値(給料)が高いのもこれまた事実。お金(金融)は、経済の血液と言われているとおり、お金がないとシステムもプロダクトもできないし、エンジニアも雇えない。本質的ではないと切り捨てる方が、視野が狭いのかもしれない。。。

 

いまさら、お金のスペシャリストを目指すわけにはいかないので、今日は「育成/コーチン」に関しての話。

コーチングの参考にしようと

エンジニアのためのマネジメントキャリアパス ―テックリードからCTOまでマネジメントスキル向上ガイド

を読んだのがだ、間違いだった。自信をなくした。

この本は、中途半端に技術を大事にしているSE、プログラーマ―、コンサルは絶対に読んではいけない。自分のキャリアがいかに軟弱で、ひ弱で、小さいものかを思い知らされるだけである。システム/ソフトウェアに対する根本的な日米の考え方に気づかされ、アメリカにどう頑張っても追いつけないのではないかと絶望した。

この本はあくまで、エンジニアがマネジメント(管理者)になるための指南書であり、アメリカがいいだの、日本がだめだなどは、一切言及されていない。著者が純粋に自分の経験をもとに、どうすればよいかをアドバイスしてくれているだけである。

が、、、そのアドバイスの内容が、至極まっとうで当たり前なのだが、改めて文字に起こされると悲しい気持ちになった。その一例を紹介する。

 

<その1> 

本書に書かれている新卒エンジニア像は「大学でソフトウェア工学ないし、それに近しいことを学んでいること」が前提になっている。

それが、あまりにもナチュラルに書かれているので、アメリカのことはよく知らないが、日本の様に、大学院で化学や物理をがっつり学んだあとに、専門外のソフトウェアエンジニアになる人はあまりいないんだろうなと感じだ。

化学や物理でも研究の際に、プログラミングはするし、ITでもやっていけると反論する人はいるだろ。単純なもの作りの観点では、やっていけるとは思う。

でも、ソフトウェアの歴史的な背景、OSS開発の成り立ち、仕組み、新技術に関する研究 等々、その辺の深い深い知識がないと、

  • 今ある道具をいかに効率的に使って、早く、安くものを作ること

に終始し、0から100を作るイノベーション的なことは起こせない。そのことは、今のIT業界でMade in Japanのものが無いことが証明していると思う。(iphoneandroidoracleRedhat etcetc)

<その2> 

テックリードになるためには最低でも一つの言語でプロフェッショナルになる必要がある。 

管理者の先駆けであるテックリードになるためには、「そもそも技術者としてプロであれ」ということである。当たり前である。でも、実際はどうだろう。まわりのテックリード、チームリーダーにプロはいるだろうか、、、

マイクロマネジメントしかできず、邪魔だと思われているのを認識しつつ、与えられた任務だからと我慢し、愛想を振りまき、まったく自信が持てない中、我慢して仕事をしていないか、、、

<その3> 

新任の管理者は、2~3個実際に機能を作るべき

現場を知れ。そして自分の技術、スキルをチームのために生かせってことだと思うが、そんな管理者を見たことはあるか。。。原価管理しかできず、トラブルがあっても報告書の内容がいけてないだの、本質的ではないことしか口を出せず、新技術を採用しようとしいたら、いっちょ前にリスクがあるって反対したりしていないだろうか、、、

 

一旦、長くなったのでここまで、、、思いのたけを書いてしまったので、読み返してみたら支離滅裂( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

 

偉そうで申し訳ないのだが、今回書いた内容って、昨今話題になってるセブンPay問題の根源な気がしている。。。。

エンジニアのためのマネジメントキャリアパス ―テックリードからCTOまでマネジメントスキル向上ガイド

エンジニアのためのマネジメントキャリアパス ―テックリードからCTOまでマネジメントスキル向上ガイド

 

 

10年前のビジネス書から見るIT業界の今~クラウドの衝撃

今のITのトレンドといえば、IoT/ブロックチェーン/RPA/AI etcetc

今後一般用語として定着するかどうかは、10年ぐらいたたないとわからない。

今となっては「クラウド」は定着したが、ちょいと昔は流行り言葉であった。

 

とある研修で、10年前のビジネス本を読むことになったのだが、今となっては興味深い内容であったので紹介する。

ちなみに読んだ本は以下(初版は2009年)↓↓↓

 クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった

 10年前といえば、、、

  • iPhone 3GSがでて、結構さくさくPCサイトが見られるようになった
  • でもみんなガラケー
  • ブラウザといえばIEChromeなんて少数派
  • mixiが廃れはじめ、facebookが出てきた

などなど。思い出すとなんか懐かしい。

 

まずは、本のタイトルから考察。

「IT史上最大の創造的破壊が始まった」

は残念ながらハズレ。クラウドは定着したが、従来型の開発もまだまだ残っている。SIビジネスもいいか悪いかは置いといて健在。

コア業務で、かつ、ミッションクリティカルなシステムだけが、従来型のシステム開発で構築され、その他はPaaSやSaaSに置き換わるのでは、 

と言及されたが、今でも大して重要でもないシステムでもガッチガチのSIで作っている。無駄なコストをかけている。変化を嫌う大企業においてその傾向が強い。この点は、悪い意味で筆者を裏切る形になってしまっていると思う。大企業におけるITへの対応が遅すぎる。

その反面、ベンチャー気質のある会社は言及通りになっている。むしろ、セキュアなストレージの登場など、筆者の予言を超えた状態になっているとも考えられる。

 

2019年現在では、AWSは当たり前のサービスになっているが、10年前の認知度は低い。それなのに、AWSにかなり言及しているのは単純にすごい。

2009年時点でAmazonの株価は約100ドル。Max約2000ドルであったことを踏まえると、当時この本を読んで触発されて、Amazonの株を買っとけば大儲けできたことになる。10年後にamazon見たいに化ける会社はあるだろうか、、、頑張って探して、10年寝かしたら、10倍ではなく10分の1になっているのが世の常・・・・( ゚Д゚)( ゚Д゚)

 

新しそうで古いのが10年前。ここからは、単語ベースでつらつらと。

サン・マイクロシステムズ・・・・もうOracleになってしまった。ばいばいSolaris

イーベイ・・・・残念ながら日本では流行らなかった。

LinuxベースのPC・・・・尻すぼみ。Windowsが盛り返したのと、Macが急成長。クラウドの話なので、Appleの話が出てこないのは当然だが、仮にスマホの台頭とクラウドとの絡みが言及されていたら、この筆者は天下をとれたと思う。

セカンドライフ・・・・死語。やったこともない。何故流行るともてはやされたのであろうか。

 

単語以外にも、

 ・Webブラウザの将来

 ・巨大企業への規制

 ・個人情報保護に関する動向

などなど、今につながることが10年前に言及されていたことが驚きである。

 ・IEの凋落とChromeの台頭

 ・GAFAへの規制

 ・GDPRの制定

上記がそっくりそのまま当てはまる。

 

歴史を勉強する感覚で読むと非常に興味深い。おすすめです!!!

Amazonでこみこみで300円以内で買えると思います。)

クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった

クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった

 

 

SE(システムエンジニア)のためのビジネスフレームワーク入門

会議中に「MECEを意識して~~~、、、カスタマージャーニーが~~~、、、」などのコンサルちっくな横文字をどや顔で言われると、イラッとするのは私だけではないと思う。そして、発言している人が、仕事ができなければできないほど、イライラから怒りに変わるという不思議。

ただ、年を重ね、それなりの地位やポジションの人と仕事する機会が増えると、MECEの視点、4Cなどのビジネスフレームワークのありがたみを感じるのも事実である。超一流コンサルが確立した手法は伊達じゃない。

最近、先人たちの知恵を毛嫌いし、我流を貫く人が多い。我流は嫌いではないが、紆余曲折して、結局王道のやり方に戻されているケースが大半を占める。

ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発想ツール70

 

アイディア勝負、クリエイティビティが求められる仕事では、自分を貫き通すべき。過去のやり方を踏襲したところで、新しいものは生まれないからだ。

しかし、大企業や大規模プロジェクトで、かつ、歯車的な仕事を求められている人は、残念ながら王道のやり方を採用すべし。余計な仕事が増えるだけでなく、変な烙印を押され、王道を考えなくてよい新しくて、面白い仕事に回してもらえなくなるからだ。

そこで、横文字嫌いな人、特に、こてこてのSE(システムエンジニア)の人向けに、お世話になったら、ビジネスフレームワーク、横文字を紹介する。

 

①、システムエンジニアで一番使うのがQCD!!!

  • Q…品質(Quality)
  • C…コスト(Cost)
  • D…納期(Delivery)

QCDは知らない人はあまりいないと思うが、残念ながら活用できていない人が多い。特に、障害/トラブル対応。原因とか代替手段とかつらつら書くのだが、「結局何が言いたいの?」ってなる。求めているのは、犯人探しではなく、ネクストアクション。QCDの観点でばしっと、「こうやります」っていう癖をつけるべき。

また、QCDの観点を忘れると、対応策のラインナップがコストや納期に偏りがち。

  • お金がないからできません
  • 時間が短いからできません

って短絡的な報告書は見たくない。

時間がないから、品質がこうなります。逆に、時間とお金があったらこうできます。総合的にみて、●●が良いと考えます。いかがですか。

ってのを、マトリクスでパワポで表現できたら完璧。

プロジェクトの「測る化」

 

②、新技術の導入提案。困ったら4C分析!

  • Customer・・・顧客
  • Competitor・・・競合
  • Company・・・自社
  • Channel・・・流通

少し偉くなってくると、既存システムの機能追加ばっかりをやるわけにもいかない。新しい仕事を取る営みに巻き込まれる。RFPをもとにした、提案書作成などなど。

RFPが出てくるような仕事は、だいたい新技術の導入もセット。ただ、新技術の導入となると視点がどうしても、「導入実績、導入リスク、今後の技術の展望・・・etcetc」本質から少し横道に外れてしまう傾向がある。

そんな時は4C分析。「ん?これ新技術の導入がゴールになってね?」ってなかなか気がづけない。4C分析をちゃんとやっておけば、「そもそものゴール」を外さない。そして、提案書にも「新技術導入しなくても、できる案もあるよ」って第二の案も示せる。

システム開発の場合「Channel(流通)」はしっくりこない。PCかスマホAndroidiosか、ネイティブアプリかWebサイトか、など「Channel=手段」と置き換えて使っている。

ストーリーで学ぶ戦略思考入門―――仕事にすぐ活かせる10のフレームワーク

 

③、費用対効果がわからなくなったら4Pで振り返り

  • Product・・・商品
  • Price・・・価格
  • Place・・・流通/場所
  • Promotion・・・販促

新しいサービスの導入プロジェクトって、プロジェクトが終わった瞬間に皆の関心が急降下。あんだけ炎上したのに、いざカットオーバーし安定稼働したら、「はいおしまい。次!!」ってなる。導入後にちゃんと効果測定してPDCA回して、サービスの練度を高めているケースはほとんど見たことがない。大企業であればあるほど、蔑ろにする傾向が強い。ただ、ベンチャー気質がある会社はちゃんとやるイメージ。

何故、蔑ろにされるかというと、何か新しいものを作るとき、発注側も受注側も「Product(商品)」に集中しすぎて、他のPには興味を持たないからと考えている。

個人的によく話をするのが「PSPニンテンドーDS」の比較だ。

「Product(商品)」の観点では、PSPの圧勝のはず。ただ、他のPではDSの圧勝。特にプロモーションの観点では、比べ物にならない。

新しいシステムも同じで、せっかく性能がよくても使ってもらわなければ意味がない。そこで大事なのが、4Pの切り口での分析。

  • 利用料っていくらが妥当か。
  • どこで使ってもらうのがよいか。社内?社外?一部の端末?
  • どの様に広めるか。CM?SNS?社内報?

特に、プロモーションが置いてけぼりになるので要注意。別にプロモーションってCMを打つだけではない。クライアントとのたばこの時間に話すのも、名刺に一言かくのも立派なプロモーション。その辺を、ちゃんと定量的に計画立てられれば、「せっかく作ったのに使わらない」はだいぶ防げる。

 

ただ、IT屋さんからすると、フレームワークって言われたら、StrutsとかSpring思い浮かべるのが普通だよね。。( ゚Д゚)( ゚Д゚)   

フレームワーク図鑑

フレームワーク図鑑