読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT資格取得~受験料の節約~

ITに関する資格についてのブログ

【コラム】ここが変だよ日本のプロジェクトマネジメント①

コラム ここ変

最近は設計書を執筆することも、コードも書くこともめっきり減り、日々マネジメント、マネジメント、マネジメントの地獄・・・

かっこよく言えば「お客様の実行支援」となるが、やってることはぶっちゃけ日本語が書ければ誰もできるようなこと。ただ、誰でもできるはずなのに、ちゃんとやらない人もいるのも事実ではあるが。多重下請けの構造が悪いのか、単にやる気がないだけなのか、どちらにしろ原因はしょうもないことではないことではないかと思う。

愚痴を書きだしたら、キリがないので、プロジェクトマネジメントの変だと思うことをつらつら書いていきたいと思う。

一つだけ、言っておくが、別にアメリカとか他の国のプロジェクトマネジメントを知っているわけではない。

■プロジェクトマネジメントを勉強していない人が多すぎる件■

資格と同じで、勉強していればよいとい話ではないが、基礎中の基礎も知らずにプロジェクトマネージャーとかになる人が多いと感じている。コード書くときとか、独学・業務で結構自主的に学ぶと思うが、プロジェクトマネジメントになった途端それをやめる人がいる。意味不明である。経験、勘、度胸のいわゆるKKDでどうにかなると思っているのか。

プロジェクトマネジメントにも王道があり、それをいかに応用できるかが重要なのである。Struts、SpringなどのFW(フレームワーク)を使用して効率的にプログラムを作成するのと同様に、PMBOKなどのFWを使用してプロジェクトマネジメントを効率的に行うのである。この辺のFWの知識がない人ほど「PMBOKは役に立たない」とか平気でいう。もうバ〇である。「全部が全部PMBOK通りにやるから」おかしいのであって、必要なエッセンスを抽出してプロジェクトに取り入れるのが本来の姿である。PMIもそもそも「そのまま全部PMBOKのとおりにしろ」とは一言も言っていない。「PMBOKはプロジェクト特性に合わせてカスタマイズしろ」と言っているのである。

やっすいやっすい経験を盾に暴力的なマネジメントをするぐらいだったら、FWを学んだ上で、王道的なマネジメントをしてもらいたいものである。

 

第二回に続く・・・・(´・ω・`)

 

はじめてのプロジェクトマネジメント 日経文庫

はじめてのプロジェクトマネジメント 日経文庫

 

 

 

【速報!?】FP2級の試験日だった(次回は2017年1月)

FP

ちらっと今日の午後にアクセス数を確認してみると、いつもの5倍以上に。。

一般の人からするとマイナーな資格をひたすら紹介するブログに何があったのか。OSS-DBとかがとうとうメジャーになったとかと期待しつつ、google-Analyticsでアクセス先を見てみると。。。

 「FP2級の紹介記事がぐぐっとアクセス数が伸びている。」

あ、今日はFPの試験日だったんですね。試験後にどきどきしながらこのブログを見た人ごめんなさい。無駄にパケット使わせてごめんなさい。素直に2chの速報スレで答え合わせしてください。てか、FPって公式の解答掲載されるのが早かった気がする。

↓↓予想どおり、掲載されていた。↓↓

試験問題・模範解答 | 日本FP協会

情報処理試験でもこれぐらい迅速な対応してもらいたいところ。特に午後問題・・・・

FP3級合格して、次FP2級目指している人がいたら、是非以下の記事読んでください。

FP2級とって、早2か月。現在金融システムに携わっているものとして、予想以上に役に経っている。仕様決めるときに営業サイドの話がちょろっとでもわかると多少仕事が楽しくなったり。。

あと、FPもってるっていうと「株とかやってんの?」ってよく言われるけど、残念ながやってません。都民共済にはいるか、民間の保険にはいるかは悩んでいます(´・ω・`)

 

 ↓↓Kindle版がどういうものか不明だが、このiphoneアプリは超おすすめ。動きも軽し、本試験に大分即した内容だし、デザインもGood。通勤・通学が捗ること間違いなし!

FP2級 学科 一問一答問題集 2016年版

FP2級 学科 一問一答問題集 2016年版

 

 

FP3級 学科 一問一答問題集 2016年版

FP3級 学科 一問一答問題集 2016年版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PMP受験のための35時間PM講座(第5版)の受講完了

PMP

先日e-learningの受講が完了。何だかんだで2か月ぐらいはかかったので、受講するする人は、計画的に。前回記事のおさらいになるが、受講したの以下の講座。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【株式会社キバンインターナショナル】

PMP受験のための35時間PM講座(第5版)

お値段: 27,000円(2016/7時点)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

主に、動画とpdfのテキストによる講座。また、PMPの問題もある程度解かなければならず、35時間分となると結構ぼりゅーみーであった。

動画については、1講座10分~20分ほどであり、通勤時間を有効に使えてよかった。もちろん受講中は、それ以外の操作はできないので、並行して2chとか見られないので注意。

また、PMPの模擬問題は、ブラウザ上で選択肢を選ぶのだが、自分のiphoneがいけないのか、問題を解くことができなかった。幸いandoroid端末も持っているので、何とかなったが、iphoneユーザーは要注意である。不安があるようだったら、講座を運営している会社に問い合わせしてみるべし。

模擬問題についは、実際PMPを受けていないので、どのくらい有効であったかは評価できないが、少なくとも、講座の振り返りにはなると思う。値段が安いので、あまり文句は言えないが、ブラウザ上でしか問題を解くことができないので、せめてPMPの疑似問題は専用のアプリで解けるようにして頂きたいところ。(どの問題が正解できていないのかなどが管理できないので、、、)

1000文字ぐらいのレポートも提出する必要があるが、内容は難しくないので、3時間もあれば十分であろう。情報処理のプロジェクトマネージャーを受験した人がある人にとっては、馴染み易いレポートであると思う。

値段が安い割には、受講しやすさ、内容の観点では充実しており、あまり不安はなかった。強いて言うなら、PMPの疑似問題(過去問?)がiphoneで解けないことぐらいであた。(andoroidなら問題なかった。)

プロジェクトマネジメントを本格的に学びたい人には、あまりおススメではないが、「PMPの受講資格を得ること」を目的にしている人にとっては、おススメである。通勤時間等を有効につかって、35時間分を受講できるからである。座学の場合、1日8時間受けたとしても最低、5日は通う必要があり、忙しいサラリーマンや家庭持ちのサラリーマンでは厳しいものがある。

PMP受験のための35時間PM講座(第5版)」に関しては、多少期間は必要ではあるが、ほとんどの研修を電車を乗りながら受講できるため、時間を有効活用できるのが良い。

 

10月までには、PMPを取得したいので、ひたすら過去問実施しなければ。。。

あ~~また、情報処理と被るのが困ったところ。今年のネスペはあきらめるか考え中・・正直受験しても5700円どぶに捨てるようなものだが、1%の希望にかけて申し込みだけはしておこうかな(´・ω・`)

PMP試験対策テキスト&問題集 2016年度新試験対応版

PMP試験対策テキスト&問題集 2016年度新試験対応版

 

 

 

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


IT資格 ブログランキングへ